DPG構法

DPG構法とは

DPG構法
階段の手すりの仕切りにも使われる方法である。

DPG構法とは、ガラスの4隅に穴を開けて、頭部が皿のように平らなボルト?で支える部材に直接取り付ける方法のことである。
ガラスの周囲にサッシ枠がないため、平らで透明感を強調した設計が可能である。
ガラスの種類は、ガラスに穴を開けて取り付けをするため、強化ガラスで構成する合わせガラス?ペアガラス?がよく使われる。


添付ファイル: fileDPG構法.jpg 453件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-10-30 (木) 18:33:47 (2082d)