寸法公差

寸法公差とは

寸法公差
ガラスの厚みが厚いほど、寸法公差は大きくなる。

寸法公差(すんぽうこうさ)とは、ガラスの切断や加工の際に機械や人の手では寸法にどうしても若干の誤差が生じるため、品質が損なわれない、実際の寸法として許される最大値と最小値の範囲がある。このことを寸法公差という。


添付ファイル: file寸法公差.jpg 413件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-08-20 (火) 19:01:15 (2510d)