雌ネジ

雌ネジとは

雌ネジ
ナットとも呼ばれることもあるが、雌ネジ自体は内側のらせん状の切り込みのことである。

雌ネジ(めねじ)とは、螺旋(らせん)状に切り込みが内側についており、回転しながら侵入されるほうの部材のことである。
雄ネジの片方で、対となって使用される。


添付ファイル: file雌ネジ.jpg 295件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-11-14 (金) 12:03:21 (1829d)